Museum Seni Rupa

このエントリーをはてなブックマークに追加

Museum Seni Rupa

日本には伝世していないインドネシア孟臣壷が収蔵されています。ヨーロッパにはかなりの数があります。klampok窯で制作されており基本朱泥で孟臣銘が入っています。未見

展示は時代ごとセノ・サレハ時代ルーム(1880―1890)、Hindia Jelita ルーム(1920年代)(Persagi Room(1930年代))日本の統治時代 ルーム(1942―1945)、Pendirian Sanggarルーム(1945―1950)、リアリズムルーム(1950年代)現代アートルーム(1960年代―現在)となっておりインドネシア伝統的な陶器から現代陶芸まで展示。

陶磁器については、広東・福建特に漳州窯が充実、タイ、ベトナム(一番充実)、日本,ヨーロッパからの逆輸入品も展示。またklampok窯では今でも朱泥茶壺を制作しています。

maxresdefault

klampot

klampok窯の場所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です